言語選択 - Language

広範囲の歯肉退縮に人工皮膚材無細胞皮膚材を用いて根面被覆を行った一症例 #2 オペの様子

プレミアム

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

概要

【概要】
杉並区でご開業の三串雄俊先生から、 "広範囲の歯肉退縮に人工皮膚材(Acellular Dermal Matrix)無細胞皮膚材を用いて根面被覆を行った一症例” という題目でのプレゼンテーションです。
経年的な歯肉退縮に修復するだけではなく根面被覆の選択肢があれば審美的欲求の解決にもなり補綴をする場合は選択肢の幅も広がります。
今回人工皮膚材を使うことで広範囲の歯肉退縮への応用を可能にした症例をご紹介していただいています。ぜひご覧下さい。

【目次】
[Part1]
0:06〜 はじめに
2:33〜 根面被覆とは
2:55〜 下顎左右犬歯症例
4:35〜 人工被覆材
6:44〜 広範囲の根面被覆 ①症例紹介

[Part2]
0:10〜 広範囲の根面被覆 ②オペの様子
12:42〜 まとめ

キーワード:WSD プラスティックサージェリー 歯周外科

講師

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。