2019年05月01日(水)

【2019年4月】人気動画再生ランキング【TOP5】

著名な先生方にご出演していただいているDoctorbook動画コンテンツですが、その中で4月、最も人気があった動画コンテンツをランキング形式で発表します!

【2019年4月】人気動画再生ランキング【TOP5】

第5位 三串雄俊先生:広範囲の歯肉退縮に人工皮膚材(Acellular Dermal Matrix)無細胞皮膚材を用いて根面被覆を行った一症例 #1


/img/columns/ranking055.png


 杉並区でご開業の三串雄俊先生から、 "広範囲の歯肉退縮に人工皮膚材(Acellular Dermal Matrix)無細胞皮膚材を用いて根面被覆を行った一症例” という題目でのプレゼンテーションです。


経年的な歯肉退縮に修復するだけではなく根面被覆の選択肢があれば審美的欲求の解決にもなり補綴をする場合は選択肢の幅も広がります。


今回人工皮膚材を使うことで広範囲の歯肉退縮への応用を可能にした症例をご紹介していただいています。


  


 動画はこちら


 


 


 


第4位 遠山敏成先生:デジタルを活用した、大臼歯へのシングルクラウン・ボンディング  #1


 /img/columns/ranking054.png


東京都でご開業の遠山敏成先生による「デジタルを活用した、大臼歯へのシングルクラウン・ボンディング」という題目でのプレゼンテーションです。


近年歯科でも最も発展が目覚ましいのはデジタルの分野であり、遠山先生は口腔内スキャナーを多用されておられ、今回はシングルクラウンの咬合接触について解説いただいております。


特にFunctionally Discluded Occlusionについては基本的原則からその接触状態まで詳しく解説いただいております。


また実際の症例では口腔内スキャナーをフル活用し、複数のデータを重ね合わせた上で最終補綴物を作成されているとのことです。 


動画はこちら


 


第3位 阪下卓先生:たのむぜ、小児歯科!〜混合歯列期、ここに注意!〜 #1


/img/columns/ranking053.png


兵庫県の阪下卓先生による「たのむぜ、小児歯科!〜混合歯列期、ここに注意!〜」という題目でのプレゼンテーションです。


小児歯科が果たす目的や診療での流れについてをご説明いただきました。


小児歯科の中で混合歯列期にスポットを当て、ステージごとに起こり得る問題点について実際の症例写真やレントゲンを資料に解説いただいております。


 


また小児歯科診療が患者に与える影響についてもお話いただいており、小児歯科への取り組み方を今一度振り返られるような内容です。


 


 


動画はこちら


 


第2位 DHマニュアル 第1章 はじめに 


 /img/columns/ranking052.png


 


 MID-G DHマニュアルです。


第1章「はじめに」では社会人としてのマナーや法律上での衛生士業務内容についての確認です。


 


DHがCR充填するのは法的にOKでしょうか?精密印象や咬合採得は?


 


誰もが知っていると思っているようで意外と知らなかったり遵守されていない場合もあります。


 


こちらの動画で復習することが可能です。


 


 動画はこちら


 


 


第1位 山﨑長郎先生:イニシャルLiSiプレスによる審美的な補綴修復


 /img/columns/ranking051.png


 原宿デンタルオフィス 山﨑長郎 先生から「イニシャルLiSiプレスによる審美的な補綴修復」という題目でのプレゼンテーションです。


 


イニシャルLiSiプレスとは、GC独自の技術によって開発された リチウムシリケートガラスセラミックスを核とする 次世代のプレスセラミックシステムで、曲げ強度は450Mpaを超えます。


 


二ケイ酸リチウム系の材料と比較したイニシャルLiSiプレスの利点をエビデンスと実際の症例を踏まえながらお話ししていただいています。


 


 


 


 動画はこちら


 


 


第1位は


山崎長郎先生による


イニシャルLiSiプレスによる審美的な補綴修復 


でした。


新年度も始まりバタバタしたであろう4月もたくさんの方々にコンテンツを観ていただきました。


5月はどのオピニオンリーダーの動画が一位になるのでしょうか。


どうぞお楽しみに!!


 


 

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください