2019年02月01日(金)

【2019年1月】人気動画再生ランキング【TOP5】

数ある著名な先生方にご出演していただいているDoctorbook動画コンテンツですが、その中で最も人気があった動画コンテンツをランキング形式で発表します!

【2019年1月】人気動画再生ランキング【TOP5】

第5位 小川洋一先生:支台歯形成と印象採得が上手くなるためのポイント #1


/img/columns/ranking22.png


東京ステーション歯科クリニック院長 小川洋一先生に支台歯形成と印象採得が上手くなるためのポイントについてお話いただきました。


 


歯科治療に欠かせない支台歯形成。


安定したパフォーマンスができないと、お悩みのドクターも多いのではないでしょうか?


 


エアスケーラやフィニッシングバー、シリコン印象材や歯肉圧排糸など。


最適な道具をつかいこなすことで、患者も歯科医師も満足の治療が可能になります。


 


松本歯科大学臨床教授でもある小川先生による、支台歯形成の実演ムービーや、二重圧排でマージンを設定するムービーなど。


すぐに役立つテクニックを学べます。 


動画はこちら


 


第4位 栗林研治先生:オーストリア咬合学 診査診断 #1


/img/columns/201914.png


一歯単位ではなく口腔内全体の問題点を解決する際、咬合に問題点がある患者さんは少なくありません。


しかし咬合に関して診断を下すためにどのように診査をするべきか、いまいちよくわからないという先生もいらっしゃるのではないでしょうか。


千葉県でご開業の栗林研治先生に「オーストリア咬合学 診査診断」という題目でお話いただきました。


栗林先生がオーストリアに留学し勉強されたオーストリア咬合学における診断に至るまでの様々な診査方法を、栗林先生の臨床で用いられている資料を元にわかりやすく解説いただいておりますので是非ご覧下さい。 


 


動画はこちら


 


第3位 内山徹哉先生:④Generalistのための安全で痛みの少ない浸潤、伝達麻酔法 #1


/img/columns/201913.png


ほとんどの歯科治療で行いますが、最も患者さんが嫌がる医療行為の一つである浸潤麻酔。


痛くなく患者さんの負担を減らしたいですよね。


Part1では、浸潤麻酔の薬理作用や生理学的特徴を丁寧に解説していただき、実際の臨床で患者さんが嫌がる理由とそれに対する対策を分析してくださっています。 


 動画はこちら


 


 


第2位  吉岡俊彦先生:根管解剖に基づいた作業長の決定 #1 


/img/columns/201912.png


学生時代に習った根管狭窄部は本当に存在するのでしょうか。広島県でご開業の吉岡俊彦先生からのプレゼンテーションです。吉岡先生はマイクロフォーカスX線CTを用いて根管のかたちを徹底的に分析し、エビデンスと日々の臨床経験によって根管の複雑な解剖学的特徴とそれに対する作業長の決定 を導き出しています。実際の臨床での心がけや考え方、技術的な対策についてお話ししていただいており、誰もが明日からの臨床で早速工夫できる内容です。


 


 動画はこちら


第1位 奥村秀樹先生:Endodontic Diagnosis & CBCT #1


/img/columns/201911.png 


神戸でご開業の奥村秀樹先生からのプレゼンテーションです。デンタルのみでは診断が困難であったり、複雑な根形態を知るのは難しい場合があります。


それらに対してのCBCTの有用性をお話ししていただいています。また、後半ではいわゆる難症例を中心にご説明していただいていますが、特に細部に留意しながらの実際のパーフォレーションリペア動画はエンドに興味のある先生なら誰もが必見です。ぜひご覧ください。


 


 動画はこちら


 


 


 今月最も再生回数が多かったのは、


中ー上級ですが歯内療法をする上で誰もが押さえておきたいポイントを網羅している


奥村秀樹先生の歯内療法とCBCTについての動画でした!


来月もランキング形式で発表していきます。


ぜひご覧下さい!


 

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください