言語選択 - Language

大西清知先生:顎運動測定について

プレミアム

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

顎運動検査は保険点数にも導入されており、補綴や矯正での応用が期待されています。

しかし、器具や診断やそれの応用など一般歯科医にはハードルが高いのは確かです。

今回は大阪市中央区でご開業の大西清知先生に「顎運動測定について」お話いただきました。

顎運動測定器の概要からセッティング方法と1症例から検査に基づく診断と治療について細かくご説明頂きました。

顎運動測定検査の概要を掴み日々の臨床に応用していこうと考えている先生にはピッタリの動画となっております。
ぜひご覧ください。

目次
1:54~ CADIAXの概要
2:25~ CADIAXの正しいセッティング
4:25~ 正常と異常な関節の波形の違い
5:57~ 症例概要と顎運動検査
7:45~ 顎運動検査に基づく診断と治療
8:27~ まとめ

キーワード:顎運動測定検査 CADIAX 閉口路 回転運動 下顎 矯正

講師プロフィール


ご経歴
1973年 大阪市に生まれる
1998年 朝日大学歯学部卒業 大阪大学第二口腔外科入局
2000年 りんくう総合医療センター 歯科口腔外科勤務
2002年 たけざわ歯科 勤務 
2006年 ライフデンタルクリニック 開院

所属学会・団体
Club GP Faculty Member
FOX 理事
日本矯正歯科学会 会員
日本歯科審美学会 会員 
日本口腔インプラント学会 会員
日本口腔外科学会 会員 
日本顎関節学会 会員

DPA : Doctorbook Presentation Archives
無料期間終了後はプレミアム会員のみ閲覧可能です。著名な先生方のプレゼンテーションが見られるプレミアム会員の詳細は こちら

動画再生回数

274回

講師

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。