Prevention of Root canal Reinfection ~根管治療後の再感染を防ぐ~
プレミアム
#1無料公開中
2021年3月3日(水) 公開
星の数
5.0
歯内療法疾患は細菌感染です。
感染してしまうか否かは「個体の免疫力」と「細菌の感染力」のバランスによって決まります。

これまでの臨床経験から「生体のコントロールは難しく、細菌のコントロールのほうがしやすい」ーーと、柳沢哲秀先生は、細菌へのアプローチとしての歯内療法を推奨していらっしゃいます。
ただし、根管内の細菌を「0」にするのは不可能です。
では限りなく細菌数を「0」に近づけるためにはどうしたらいいのでしょうか?

柳沢先生のこちらのプレゼンテーションでは、術後の細菌感染を防ぐためにやらなければいけないことを症例や論文を交えて順序良くお話いただきました。
歯を長持ちさせるため、技術の向上の重要性・補綴物の重要性にも言及していただいています。ぜひご覧ください。

*2019年11月に行われた徹夜会での講演を編集した動画です。

エピソード

  • 無料公開中
    柳沢 哲秀先生に術後の細菌感染を防ぐためにやらなければいけないことを、症例や論文を交えて順序良くお話いただきました。歯を長持ちさせるため、技術の向上の重要性・補綴物の重要性にも言及していただいております。
    再生する

    再生時間 14:26

  • プレミアム
    柳沢 哲秀先生に術後の細菌感染を防ぐためにやらなければいけないことを、症例や論文を交えて順序良くお話いただきました。歯を長持ちさせるため、技術の向上の重要性・補綴物の重要性にも言及していただいております。
    再生する

    再生時間 22:37

レビュー

  • 20代
    勤務医

    勉強になりました

    星の数
    5.0

    違う視点から考えることができるようになりました。
    参考にさせていただきます。

    2021/07/19
  • 30代
    勤務医

    勉強になりました

    星の数
    5.0

    コロナルリーケージでフェルールは考えた事ありませんでした。参考にさせていただきます。

    2021/05/04

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。