上下歯列弓幅径の大きく異なる患者に咬合再構成を行った一症例
プレミアム
#1無料公開中
2021年7月19日(月) 公開
星の数
5.0

木村正人先生に、上下顎の歯列弓幅径が異なり鋏状咬合の患者さんに対し、診断用ワックスアップを用いた咬合再構成の方法についてご講演いただきました。

診断用ワックスアップを用いることで咬合高径、咬合平面、切歯の位置、前歯部咬合関係を評価。CR , ICPのバイト採取をして咬合改善をされております。

本症例は2021年土屋賢司先生コースOB会のアワード受賞症例です。ぜひご覧ください。

エピソード

レビュー

  • 30代
    歯科医師

    難症例に対するモチベーションが上がります

    星の数
    5.0

    自分にはまだ難しい症例ですが、積極的にチャレンジしていきたいと思います

    2021/07/23
  • 20代
    歯科医師

    勉強になりました。

    星の数
    5.0

    先生のような臨床ができるよう頑張りたいと思います。
    参考にさせていただきます!

    2021/07/20

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。