歯科臨床における写真撮影とその活用 ~基本的な撮影方法から写真整理、症例整理、症例のプレゼン作成まで~ 第3回「デジタル画像の基礎、写真の整理」
スペシャル
2021年9月13日(月) 公開
星の数
-
価格
11,000円(税込) (プレミアム会員 8,800円(税込))
付与ポイント
10% (通常:1000pt プレミアム:800pt)
クレジットカード Amazon Pay

松田謙一先生による「歯科臨床における写真撮影とその活用 ~基本的な撮影方法から写真整理、症例のプレゼン作製まで~」についての講義です。

本講義は4部構成になっております。第3回はデジタル画像の基礎、写真の整理です。

様々な機器がデジタル化される中、歯科医療の現場で使用される機器も例外ではありません。
それはレセコンやレントゲン撮影等多岐にわたりますが、歯科診療における写真撮影もその一つと言えます。

今回はそんな写真撮影におけるデジタル画像について、松田先生に詳しく講義していただきました。

5つのPartに分けてデジタル画像の基本的な知識から画像編集、保存方法に至るまで詳しく解説しています。
デジタル画像自体が不得手な先生はもちろん、写真撮影や編集など基本的なことは問題なく出来るが、保存する媒体の選択や画像のサイズの設定などの詳しいことになるとよく分からないといった先生にも、ぜひご覧いただきたいです。

「歯科臨床における写真撮影とその活用~基本的な撮影方法から写真整理、症例のプレゼン作製まで~」動画一覧はこちら

*本動画は2020年10月9日にLIVE配信された内容のアーカイブです。

キーワード:ピクセル プロジェクター モニター プレゼン カメラ トリミング ピクセル PX DPI PC ファイル タグ .BMP .TIF .GIF .PNG .JPG .CR2 .NRW .ARW RAW 画像の劣化 画像形式 ストロボ GB LAN RAID 障害耐性 ミラーリング バックアップ インターフェイス ストロボ 写真アプリ コントラスト レタッチ フォーマット 


エピソード

  • スペシャル
    デジタル画像の基礎知識について解説しており「画素数・解像度・画像サイズ」について詳しく解説しています。今まで何となくデジタル画像を使用していた先生に、ぜひ見ていただきたい内容となっております。
    再生する

    再生時間 17:22

  • スペシャル
    画像を保存・編集する際に、画像のフォーマットやサイズ、ファイル形式などが表示されても、何のことかわからない。サイズが大きく容量がいっぱいになってしまった、という経験をしたことがありませんか? 本章では「画像のフォーマット・サイズ・ファイル形式」について詳しく解説していただきました。
    再生する

    再生時間 19:27

  • スペシャル
    「撮影画像の保存・バックアップといった管理を行う場合、どのような媒体に保存すべきか」「壊れたデータ復旧の可不可、復旧の方法」など。よく分からず頭を抱えた経験がありませんか。本章では、撮影ファイルの管理・バックアップについて詳しく解説していただきました。現在、SDカードやHDD・NASなど様々な保存媒体がありますが、よく分からない方はもちろん、どの媒体にするか悩んでいる方にも、ぜひ見ていただきたい内容となっております。
    再生する

    再生時間 18:20

  • スペシャル
    本章では「NAS・外付けHDDの選び方」について引き続き詳しく解説していただきました。講師である松田先生の診療所で実際の運用の流れもご紹介いただいております。 また、写真アプリを用いた画像の整理方法についても説明いただいており、先生が使われているアプリとその使用方法を実際にPC画面を操作しながら分かりやすく解説していただきました。
    再生する

    再生時間 17:18

  • スペシャル
    本章では、引き続き「写真アプリを用いた画像の整理方法」に加え、「画像編集の基礎」について講義していただきました。 写真を撮影した後、写真アプリを使って画像を簡単に探せるように保存する方法や、見やすい画像に編集する方法について詳しく紹介しています。
    再生する

    再生時間 16:33

レビュー

まだこの動画にはレビューがありません。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。