• 0:07〜 2級窩洞
    • 6:02〜 ラバーダムの有無
    • 9:56〜 症例1
    • 12:36〜 症例2
    • 14:19〜 症例3
  • 八木洋二郎先生からダイレクトボンデットレストレーションについてのプレゼンテーションです。
    象牙質に達した隣接面カリエスでも、症例によっては切削介入せず経過観察をする方が予後が良い場合があります。
    その診断基準や、様々な症例での実際のダイレクトボンディング修復をみることができます。ぜひご覧ください。

    *2019年2月22日に行われた徹夜会での講演内容です。

    【キーワード】
    AIPC CR コンポジットレジン カービング ダイレクトボンディング 隣接面カリエス

次のエピソード

  • 無料公開中
    象牙質に達した隣接面カリエスでも、症例によっては切削介入せず経過観察をする方が予後が良い場合があります。診断基準や、様々な症例での実際のダイレクトボンディング修復をみることができます。
    再生する

    再生時間 13:45

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。