プレミアム
2022年10月27日(木) 公開

指導やめてみました〜意識低い系の患者さんの心を掴め!〜

    • 00:05~ プレゼンテーション開始
    • 01:50~ 一般的な指導法を行った結果
    • 06:15~ 80代女性メインテナンス症例
    • 08:14~ 指導をやめて一番よかったこと
    • 09:41~ 患者層の変化
    • 11:27~ 公衆衛生マインドを持った歯科衛生士の育成を目指して
    • 12:08~ よくある回答例
    • 13:37~ 健康が左右されるもの
    • 14:40~ 70代男性の残痕20本症例
    • 15:44~ 80代女性の症例
    • 17:04~ 変わりたくても変われない人たちに対してどうするのか
  • 「歯周病はTBIとSRPで治すもの」
    「患者様のモチベーション管理こそが予防のカギを握る」といった考えは、一般的な歯科衛生士ならば持ったことのある予防への考え方ではないでしょうか。

    丸岡先生も以前はそのように考えており、最初はその思想に基づいて患者指導を行っていました。
    ですが、一生懸命やっているにも関わらず、患者様に悪口を言われたり本当に予防が必要なハイリスク患者が来院されなくなったそうです。

    歯科衛生士の丸岡美紗先生のプレゼンテーションでは、そういった経緯から患者指導をどうしていったのか、その結果どうなったのかを症例を交えてお話くださいます。
    ほぼお年寄り+健康意識はかなり低めの方が多い地域で、衛生士業務に従事している方に特におすすめのプレゼンテーションとなっています。

    丸岡先生は、基本的に患者指導はほとんどしないと仰います。
    その理由については、ぜひプレゼンテーション内でご確認ください。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。