プレミアム
2022年10月31日(月) 公開

歯周基本治療で患者様の協力を得るために私達に出来ること

    • 03:02〜 歯周基本治療に入る前に患者様を知ろう
    • 14:33〜 症例1
    • 23:26〜 症例2
  • 患者様の主訴である部位の治療を行い、良い補綴物をいれることができたとしても、患者様の口腔内の状況が悪ければ病巣の再発、補綴物除去ということが起こりかねません。
    歯科を学ぶ私たちにとっては歯周基本治療の大切さは実感できるものの、患者様にとってはどうでしょう。
    地道な努力であり、歯周基本治療の大切さは分かりにくいのではないでしょうか。
    歯周基本治療の進め方は医院によって様々ありますが、成功のカギを握るのは患者様自身です。
    私達、歯科医療従事者が出来ることは限られていますが、まずは患者様に歯周病について知っていただき納得してもらうことが出来ることだと思います。
    そのためにはその患者様に伝わるような話の進め方があります。
    それを医院でどう取り組むかが重要になってきます。

    動画では歯科衛生士の西郷先生が実際に扱った症例を見ながら、どのように患者様に対してのモチベーションを上げていったかを説明して頂きました。
    原因や対策、現状を理解していけば必ず結果は出ます。
    実行してもらうのは患者様であり、私たちに出来るのは伝えることだけです。
    そのため、いかに患者様に響くように伝えるかが大切であると西郷先生は仰っています。

    「治療前に歯周基本治療を行ってほしい」
    「治療が一段落したので歯周基本治療に移行してほしい」
    などの理由から、歯科医師から患者様を振られたときに皆さまだったらどのように対応されるでしょうか。
    患者様の口腔内は様々な状況が考えられ、様々な治療のアプローチの仕方があると思います。

    患者様のモチベーションが上がる歯周基本治療の導入のやり方を学びませんか。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。