言語選択 - Language

デジタルを活用した、大臼歯へのシングルクラウン・ボンディング #2 接触の静的状態・動的状態

プレミアム

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

概要

【概要】
東京都でご開業の遠山敏成先生による「デジタルを活用した、大臼歯へのシングルクラウン・ボンディング」という題目でのプレゼンテーションです。
近年歯科でも最も発展が目覚ましいのはデジタルの分野であり、遠山先生は口腔内スキャナーを多用されておられ、今回はシングルクラウンの咬合接触について解説いただいております。
特にFunctionally Discluded Occlusionについては基本的原則からその接触状態まで詳しく解説いただいております。
また実際の症例では口腔内スキャナーをフル活用し、複数のデータを重ね合わせた上で最終補綴物を作成されているとのことです。
是非ご覧下さい。

【目次】
[Part1]
0:05〜 自己紹介、イントロダクション
0:42〜 アナログとデジタルの概念
1:26〜 咬合接触のさせ方
2:00〜 Functionally Discluded Occlusionの基本原則

[Part2]
0:09〜 静的状態での咬合接触点
0:35〜 斜面での接触の静的状態
2:00〜 斜面での接触の動的状態
3:36〜 Functionally Discluded Occlusionの静的状態
4:11〜 Functionally Discluded Occlusionの動的状態
6:47〜 咬合調整のステップ
7:44〜 症例
8:18〜 咬合紙の厚みを変える必要性
9:26〜 スキャンの方法
11:52〜 近代歯科医学の発展

キーワード:デジタル デジタルデンティストリー digital dentistry 口腔内スキャナー intra oral scanner 補綴 咬合 functionally discluded occlusion

講師

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。