MIを考慮した、接着修復治療のポイント
プレミアム
#1無料公開中
2020年7月20日(月) 公開

MIを考慮した、接着修復治療のポイント

星の数
-
近年の技術と材料の発達により、間接修復やダイレクトの適応も増え、"メタルインレー→アンレー→抜髄”と進んでしまう修復の負の連鎖を止める可能性も強くなってきました。

愛知県でご開業の吉木 雄一朗先生によるこちらのプレゼンテーションでは、エビデンスベースで導き出したダイレクトボンディングで可能な部位・間接修復が必要な部位をそれぞれ分け、MIで機能的・審美的に優れた全顎治療を実現しています。
後半は、象牙質への接着向上が可能なIDS・温めたCRによって接着するHart法という注目度が高い技法を症例と共にご説明して頂きました。是非ご覧ください。

エピソード

  • 無料公開中
    エビデンスベースで導き出したダイレクトボンディングで可能な部位・間接修復が必要な部位をそれぞれ分け、MIで機能的・審美的に優れた全顎治療を実現しています。後半は象牙質への接着向上が可能なIDS・温めたCRによって接着するHart法を症例と共にご説明頂きました。
    再生する

    再生時間 13:21

  • プレミアム
    エビデンスベースで導き出したダイレクトボンディングで可能な部位・間接修復が必要な部位をそれぞれ分け、MIで機能的・審美的に優れた全顎治療を実現しています。後半は象牙質への接着向上が可能なIDS・温めたCRによって接着するHart法を症例と共にご説明頂きました。
    再生する

    再生時間 17:40

  • プレミアム
    エビデンスベースで導き出したダイレクトボンディングで可能な部位・間接修復が必要な部位をそれぞれ分け、MIで機能的・審美的に優れた全顎治療を実現しています。後半は象牙質への接着向上が可能なIDS・温めたCRによって接着するHart法を症例と共にご説明頂きました。
    再生する

    再生時間 16:31

レビュー

まだこの動画にはレビューがありません。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。