コピーデンチャーを利用した総義歯製作法 episode.1
スペシャル
2021年10月8日(金) 公開
星の数
-
価格
8,800円(税込) (プレミアム会員 7,040円(税込))
付与ポイント
1% (通常:80pt プレミアム:64pt)
クレジットカード Amazon Pay

村岡秀明先生による、コピーデンチャーを利用した総義歯製作法の講義です。

無歯顎の患者様が来院した際に、先生方はどのような手順で義歯製作を行うでしょうか?
episode.1では村岡先生が医院でコピーデンチャーを製作、床改造を行う流れを中心に、動画を交えて解説していただきます。「無歯顎臨床で旧義歯をお持ちの患者様であれば、必ずコピーデンチャーを製作している」という村岡先生。写真や動画に先生がコメントされながら進む講義で、楽しく聞きやすい流れです。

「全部床義歯は難しくていつも苦戦している」「もっと効率的な治療方法を学びたい」という先生におすすめの講義です。

*2020年12月7にLIVE配信されたクリニカルカンファレンスの講義内容となります。

【抄録】
無歯顎になると、当然のことながら自身の天然歯は全部失われており、新義歯を作るための目安も少ないということになっている。
そこで旧義歯を利用することが大いに有効になる。
旧義歯を改造して、咬合堤つき個人トレーとして印象採得咬合採得を行なうのが最も簡単で確実な総義歯製作法なのだが、旧義歯を直接改造することにはかなり危険性が伴ってくる。
ここでコピーデンチャーの登場となる。
今回は診療室で撮影したムービーを通してコピーデンチャーの改造法の実際を見ていただきたいと考えている。 

【講師】
村岡秀明先生

【略歴】
1972年 神奈川歯科大学 卒業
1976年 北海道町立診療所 勤務
1980年 むらおか歯科 開業

【所属】
日本顎咬合学会 指導医
日本アンチエイジング歯科学会
大日本総義歯研究会
てんとう虫スタディグループ

「コピーデンチャーを利用した総義歯製作法」シリーズ一覧

エピソード

  • スペシャル
    コピーデンチャーの製作方法についてを動画を中心にお話しいただきます。村岡先生が実際に使っている道具や材料も細かくお話しいただいているので、自分でコピーデンチャーを製作する際も再現しやすい内容となっています。初めて製作する際は「アルジネートはどのくらい必要か?」というような細かな不安も出てくるかと思いますが、その点もしっかり動画を見ることで解決されます。
    再生する

    再生時間 14:48

  • スペシャル
    製作したコピーデンチャーの上顎床改造について前半部分をお話しいただきます。上顎で床を調整していく際のポイントとなる部分を、修正する回数ごとに細かくわけて解説していただきました。動画による解説では辺縁・後縁を修正する場合も手元がしっかり見え、実際に診療室で隣にいるような感覚で、非常にわかりやすい動画となっております。
    再生する

    再生時間 15:05

  • スペシャル
    コピーデンチャーの上顎床改造について後半部分をお話しいただきます。上顎の辺縁を調整していく際のポイント、実際に先生が使っていらっしゃる材料も、細かく動画で解説していただきました。最後に上顎のまとめで「おやまの法則」という製作のポイントもお話しいただきます。
    再生する

    再生時間 14:26

  • スペシャル
    製作したコピーデンチャーの下顎の床改造について、1症例お話しいただきます。下顎で床を調整していく際のポイントとなる部分を、細かく解説していただきました。入れ歯安定剤へ対する考え方もお話の中に入っていて、興味深い内容です。下顎での工程は上顎の場合と似ていてもポイントが違うため、上顎の製作も思い出しながら視聴するとより理解が深まるでしょう。
    再生する

    再生時間 15:35

  • スペシャル
    作製したコピーデンチャーの下顎の床改造について、2症例目を中心にお話しいただきます。下顎義歯を観察してどこに問題点があるか、どこに注目すべきかという点を詳しく解説いただいています。臨床動画では、患者様が「痛い」という部分が良く見え、最後に完成した義歯と旧義歯を見比べることで、問題点がより理解しやすいでしょう。
    再生する

    再生時間 16:02

レビュー

まだこの動画にはレビューがありません。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。