掲載のご案内

神奈川歯科大学同窓会学術講演会 -Back to the basic- 「咬合フォーラム -臨床の匠が次世代へ伝える極意-」

既にこのイベントは開催が終了しております。

概要

【概要】

・小出 馨(日本歯科大学名誉教授)「卒前には学ばなかった咬合の重要事項を知る」
“歯科だけができる咬合治療” にあたっては,まず顎関節と筋の診断を的確に行って顎口腔系の調和を図ることが重要です.そして、咬合は顎口腔系の機能回復と密接に関連するばかりでなく,中枢の健康維持にまで大きく関与します.国民の健康寿命を支える私達歯科医師には,この咬合が果たす役割の大きさを国民に伝えるとともに,治療内容の更なる高度化が強く求められています. 今回は“人生100年時代”を迎え,私たちが日々の診断と治療でおさえておくべき重要事項を,なるべく臨床に即して具体的にお示しします.
どうぞ宜しくお願い致します.

・本多正明 先生(大阪府開業)咬頭嵌合位の重要性 ~咬合・補綴治療から考察~」
歯科臨床、特に修復・補綴分野の発展は、目覚ましいものがある。一方、その術後を検証してみると、力のコントロール(咬合安定・構造力学的安定)が、適正になされていないケースもよくみられる。そして近年、脚光を浴びているインプラント治療は、欠損歯列への対応の一つのオプションである。であれば、従来型のブリッジやパーシャルデンチャーも欠損補綴であることを忘れてはならない。今日、強調されている“Longevity”を達成する上で、咬合の観点から上下各々の歯列弓を安定させることによって初めて咬頭嵌合位を安定させることが可能 となる。この咬頭嵌合位の安定は、臼歯部の適正な咬合接触(バーティカル・ストップ)に大きく影響される。 今回はこの咬合接触と臼歯咬合面形態について考察し、また、臼歯咬合面形態を維持するために、アンテリア・ガイダンスの重要性についても述べてみたい。

錦織淳 先生(東京都開業) 「咬合理論 ~デジタルデンティストリー時代に備えて~」
デジタルデンティストリーへの変革の時代、それらのデジタル機材をどう使っていくかという HOWTO も重要ではあるが、むしろ先人が語り続けてきた基本的補綴学知識・情報の理論的背景を塾知する必要性が増すと考えている。
完全なデータベースの蓄積までに、混沌とする咬合理論に関し世界基準のコンセンサスを整理し、診断を含む補綴咬合臨床力を習得する必要がある。将来の患者満足、補綴治療成功のために、新しい時代の創造に備えたい。


[日時]
2022年3月13日(日) 10時 ~ 16時30分 
(申込期限: 2022年 2月 25 日 (金) 厳守)

[受講形式]
WEB 生配信 のみに変更になりました。

[受講料]
神奈川歯科大学同窓会会員および学生:無料
研修医・歯科衛生士・歯科技工士・その他コメディカル : 4,000円 
一般 : 8,000円

[定 員] 
300 名
* 先着順とさせていただきます。
日本歯科医師会生涯研修認定(生涯研修カードをご持参ください)


申し込みはこちら

演者

日時

2022年3月13日(日) 10:00 - 16:30

会場

オンライン参加

受講料

8,000円
※神奈川歯科大学同窓会会員および学生:無料 研修医・歯科衛生士・歯科技工士・その他コメディカル : 4,000円

定員

300名

本サイトでは、利用者の皆様に対して正確な情報を提供するべく努めておりますが、 セミナー・イベントへの参加に際して、主催者様の提供するウェブサイト等で合わせて開催情報のご確認をお願いします。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。