• 4:47〜 インストゥルメント
    • 12:49〜 臼歯部:Shade
  • CR修復時は治療中に視覚的に色を捉え合わせていきがちですが、防湿し乾燥している状態の歯牙と実際の口腔内では見た目の印象が違う場合があり、想定した仕上がりにならなかったことはないでしょうか。
    青島徹児先生はそれらの原因について、光そのものや視細胞等の原理から触れ、具体的な対策と方法についてご説明してくださっています。
    青島先生の美しい症例もかなり多く盛り込んでくださっています。ぜひご覧ください。


    キーワード:ダイレクトボンディング  シェードテイキング カービング

次のエピソード

  • スペシャル
    CR修復時は治療中に視覚的に色を捉え合わせていきがちですが、想定した仕上がりにならなかったことはないでしょうか。青島先生はそれらの原因について、光そのものや視細胞等の原理から触れ、具体的な対策と方法についてご説明してくださっています。
    再生する

    再生時間 22:43

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。