• 00:05〜 矯正治療の障壁
    • 05:29〜 矯正医との連携
    • 09:21〜 他医院でのトラブル症例
  • 安定した長期予後を得るためには包括的治療は欠かせません。
    しかし、構義徳先生はその要となる矯正治療・補綴治療ではゴールの設定が異なり、共通言語となるものがないことをまず指摘します。

    そこで先生は様々な考え方や臨床経験から、"6 elements”を設定しゴールを明確にしフローチャートに基づき治療を行うことにより安定した長期予後を得られました。

    前半では、これらを設定する前に苦しんだ症例を惜しみなく提示し、矯正・補綴のゴール設定が異なる際のリスクに触れ、後半では6 elementsの詳細を症例を通じて説明してくださっています。

    日々の臨床でこれらの疑問を感じている先生方の解決策へと繋がるかもしれません。 ぜひご覧下さい。


    キーワード:歯軸 トルク セファロ分析 オクルーザル 咬合平面 アングル

次のエピソード

  • #3 以前の症例
    スペシャル

    #3 以前の症例

    安定した長期予後を得るためには包括的治療は欠かせません。 そこで、構義徳先生は"6 elements”を設定しゴールを明確にしフローチャートに基づき治療を行うことにより安定した長期予後を得られています。
    再生する

    再生時間 13:11

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。