【オススメ製品】HAゴシックアーチ・トレーサーのご紹介

2021年3月24日(水)
提供:株式会社東京歯材社

ゴシックアーチ記録により、正確な下顎位診断。
HAゴシックアーチ・トレーサーのご紹介!👍

1

HAゴシックアーチ・トレーサー
咬合や顎機能診断は、 ますます重要視されています。無歯顎はもちろん有歯顎の症例に於いても、 顎機能の回復に下顎位の審査や診断は欠かせません。
トレーシング・ピンもネジ式になり、使いやすくなっています。
※HA ゴシックアーチ・トレーサーは阿部晴彦先生のご指導により製品化いたしました。

HAゴシックアーチ・トレーサーの特長

●下顎にトレーシング・ピン(描記針)を装置するため、高径を変える時、下方からドライバーで簡単に1回転1mmの調整が可能です。
●中心位 側方位の顎問関係記録取得には、得られたゴシックアーチ上に各々ラウンドバーで飲入孔を設け、描記針を搬入することにより、記録材が硬化する問、一定の顎位に固定·確保することができます。
●描記板にプラスチックを使用するため、そのまま保存することが可能です。
●専用のスペーサーを使用することで、描記板と描記針を直交した状態に装着できます。

トレーサーの設置について

3

①咬合平面に平行につけたいため、吹合床にトレーレジンをのせて描記板をおき、その上にスペーサーをのせる。

②平板(この場合は咬合平面ガイド·スパチュラ)でおせば、下顎スペーサー分が高くなり、描記板がトレーレジンで合着できる。

③次に下顎に描記針部をつけるため再度スペーサーをのせる。(既に①②で付着した描記板に対し、描記針部をつける目的で)

④上顎にあわせて、軟化した蝋堤と相み合わせると、描記板・描記計は直角関係で付着することができる。

⑤下顎に付着完了したトレーシングピン

⑥上下顎に付着完了した状態

⑦インク塗布

⑧口腔内に装着し、ほどよい咬合高径に 描記針を延長(高さの調節)する。1回転まわすと1mm挙上・降下できる。

⑨調節ネジは、ネジ側に1ヶ所、本体側に4ヶ所、90 間隔の目印がついている。

⑩口腔内にて描記したゴシックアーチ

⑪中心位に保持孔を設置するため孔を掘る。必要なら側方位(左右)、前方位にも削孔する。

⑫シリコン材料もしくは石膏でチェックバイト採得

⑬チェックバイト前方観

⑭チェックバイト後方観

⑮リマウント完了

⑯有歯顎への使用例

⑰有歯顎への使用例

【詳細】
品名 HAゴシックアーチトレーサー
一般的名称 歯科咬合採得用材料
分類 一般医療機器(クラスI)
医療機器届出番号 13B2X10261002000

HAゴシックアーチ・トレーサーへの
お問い合わせはこちらからどうぞ

お問い合わせする

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。