【歯科医院で大活躍】やわらか亭5種のご紹介!

2021年10月6日(水)

このようなお悩みの患者を抱えた歯科医療従事者様、必見!
・歯科治療中・後の痛みで困っている方
・口腔内のトラブルで食事が摂りにくい方
・弱い力で噛める軟らかさを求めている方

やわらか亭 ラインナップ

「やわらか亭」は、やわらかく炊き上げたごはんとやわらかい具材ソースのセットです。

clinico3
●野菜とお肉をじっくり煮込んだどこか懐かしい甘口カレーライス
●昔ながらの味に仕上げたコク深い味わいのハヤシライス
●やわらかくじっくり煮込んだ牛肉と玉ねぎの旨味をたっぷり感じられる牛丼
●野菜の旨みが凝縮した豊かな味わいの中華丼
●ごま油が香ばしく、ごはんによく合う辛さひかえめの麻婆豆腐

やわらか亭 紹介動画

やわらか亭 特長

やわらかさ
じっくり煮込んでやわらかく仕上げることで、噛む力が弱くなった方がついつい避けてきた食材も食べやすくなっています。やわらか亭のラインナップは全て、介護食品協議会が定めるユニバーサルデザインフードの「歯ぐきでつぶせる」やわらかさです。

やわらかグラフ
出典:ユニバーサルデザインフード区分表.日本介護食品協議会 https://www.udf.jp/

ごはんへのこだわり
国産のお米を使用し、お釜で炊き上げるのと同様、一膳ずつやわらかく炊き上げました。こだわりの製法でごはん粒をそのまま残し、ふんわりやわらかく炊き上げた自慢のごはんです。それぞれのメニューは丼ぶりを食べる満足感とおいしさを追求しました。

画像7

手軽さ
常温保存でき、いつでも必要な時に温めずにそのまま食べられますので、外出先等でもお召し上がりいただけます。また、ごはん容器ごと手軽に電子レンジで温めることができますので、お皿を汚すことなく、ラップも必要ありません。

画像9

おいしさ・栄養
具材や調味料のバランスを工夫することで、それぞれのメニューに満足できる香りやおいしさを実現しました。やわらかごはんにも良く絡み、飽きのこないおいしさをお楽しみください。
栄養機能食品(亜鉛)
栄養機能食品とは、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が国が定める規格基準に適合すれば、所定の栄養機能を表示することができる食品です。亜鉛は、味覚を正常に保つのに必要な栄養素です。亜鉛は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。亜鉛は、たんぱく質・核酸の代謝に関与して、健康の維持に役立つ栄養素です。

おすすめ
かたい物が食べづらい方、毎日の調理が難しい方、外出時のお弁当代わり、電子レンジが使えない時など、さまざまな方や場面でご利用いただけます。

画像8

■お問い合わせ


商品に関するお問合せはクリニコまでお願いいたします。


a

購入に関するお問合せはヨシダまでお願いいたします。


あ

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。