Doctorbook academy

スペシャル
2022年4月21日(木) 公開

欠損補綴におけるインプラント治療の目的│相宮秀俊先生

価格
7,150円〜(税込) (プレミアム会員 5,720円〜(税込))
付与ポイント
1% (通常:65pt〜 プレミアム:52pt〜)
  • クレジットカード
  • Amazon Pay
    • 00:10 ~ 講義の概要
    • 00:41 ~ 相宮秀俊先生・自己紹介
    • 02:06 ~ 欠損補綴におけるインプラント治療の目的
    • 04:11 ~ 患者の人生主導型インプラント治療の実践
    • 04:17 ~ 継続的な経過観察 Case1
    • 05:03 ~ 患者のプロファイリング
    • 06:53 ~ 診査・診断・治療計画の立案・患者さんの意思決定
    • 07:01 ~ 骨格的問題
    • 07:45 ~ 歯周組織・歯根の状態・歯の形態の確認
    • 07:57 ~ 欠損が生じたときにおける口腔内の変化
    • 08:43 ~ 平均的歯冠幅経から考える口腔内の変化
    • 10:03 ~ 大臼歯のクロスバイトが及ぼす影響
    • 10:30 ~ 診査・診断・治療計画の立案に際してチェックすべき項目
    • 10:51 ~ 所見・診断・治療計画の立案の実際
    • 12:17 ~ 歯の位置を変えるのか?
  • 【欠損補綴におけるインプラント治療の目的】
    まずはじめに、相宮秀俊先生から臼歯一歯欠損に対してのインプラント治療についてお話しいただきました。
    ご存じの通りインプラント治療は自費治療であり、手術を行うことで隣在歯を切削することなく欠損補綴が可能な治療です。デンチャーやブリッジと比較すると天然歯に近い使用感で、メインテナンスを正しく行うことが出来れば、予後も患者満足度の非常に高い処置と言えます。

    しかし、歯科医師が主体となり患者の意思が尊重されなければ、QOLの向上に繋がらない可能性も十分にあります。今回、患者の主訴に対する問題解決に加え、患者のQOL向上を目的とした患者に寄り添う臨床の実際とはどのようなものなのか。継続的な経過観察を行っている症例を基に詳しく解説しています。

    *本動画は2021年10月25日にLIVE配信された講演の内容です。

臼歯一歯欠損に対する治療方法と選択基準 ~わたしならこうする~

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。