Doctorbook academy

みんプレ限定
2023年10月18日(水) 公開

01. 下顎前歯部唇側

  • a


    【概要】


    みんなプレミアム限定!
    動画で学べる 歯科衛生士のための学習動画

    ・下顎前歯部唇側を行うときのポジション
    ・ラバーカップとの動かし方の違い
    ・レストの置き方


    【おさらい】
    ◆下顎前歯部唇側
    ・術者ポジション : 12時
    ・患者さんのポジション : 顔面平面が床と平行
    ・患者さんのお顔の向き : 正面
    ・開口量 : 1指分
    ※1指分開口していただいた時に、下顎前歯がどれくらい見えるか、口唇がどのようにかぶっているかを確認する習慣をつけましょう。
    →口唇が深くかぶっていて歯が見えない=唇側にロールワッテを入れると施術しやすい

    [ロールワッテの入れ方]
    ロールワッテを水で濡らしてからアーチをつけ、唇側に入れる
    (ロールワッテの上から排除を行うことで患者さんは痛みを感じにくくなる。)

    ・コントラの回転数:ラバーカップよりも少し早め
    ・ブラシを使用する時の注意:歯肉に当てないように気をつける

    [左下3〜右下1]
    ・ブラシを歯面に当ててから、右下1、2の唇面に軽くレストをとる
    ・下顎前歯部は歯冠幅が狭いので、ブラシは下から上(歯頚部から切端方向)へ動かす
    ・叢生などの場合には、ブラシの角度を変えて側面にも当てる

    [右下2〜3]
    ・レストが置きづらくなったら
     ①レストを小指に変え、口腔外にとる
     ②口唇排除をしている左手人差し指を右下小臼歯まで挿入し、その指の上にレストをとる(フィンガーオンフィンガー)
     ③右上2、3番あたりにレストをとる
    いづれかの方法で行ってみる

10. PMTC 実践編 ~ソフトブラシ~

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。