Doctorbook academy

みんプレ限定
2023年10月18日(水) 公開

06. 上顎前歯部口蓋側 その1

  • a


    【概要】


    みんなプレミアム限定!
    動画で学べる 歯科衛生士のための学習動画

    ・上顎前歯口蓋側を行うときのポジション
    ・患者さんの開口量
    ・コントラの持ち方
    ・レストの置き方


    【おさらい】
    ◆上顎口蓋側
    ・見えにくく、苦手な方が多い部位。患者さんのポジションが大切
    ※本動画はミラーをつ使わずに行う方法です。
    ・あらかじめミラーで口蓋側を観察し、マージンの位置やステインなどの付着状態を確認してから始める

    ・術者ポジション : 9~10時
    ・患者さんのポジション : 顔面平面が床と平行(起きていると前かがみになりやすいので必ず横から見て確認する)
    ・患者さんのお顔の向き : 少し右向き
    ・開口量 : 2指分
    ・コントラの回転数:ラバーカップよりも少し早め
    ・ブラシを使用する時の注意:歯肉に当てないように気をつける
    ・ブラシの当て方:1歯に対し遠心・中央・近心と3分割で当てる
    ・コントラを持つ位置:臼歯部の時より少し短め
    ※コントラを長く持つと、レストが離れてブレやすくなる。短めに持ってレストは近いところに置く。

    [右上3〜]
    ・右上3の遠心側にブラシを当て、そのままの手の形でレストをとる
    ※レストは小指で、口腔外に。小指は伸ばさず、コントラを持ったての形のまま指の側面をオトガイ辺りに軽く置く。
    ・コントラを左手でサポートしながら施術する
    ※コントラを片手で操作しようとするとレストに力がかかり、患者さんの負担が大きくなる。

10. PMTC 実践編 ~ソフトブラシ~

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。