• 0:08〜 デジタルとアナログ
    • 4:17〜 院内CADを用いたデジタルワークフロー
    • 8:48〜 ジルコニアクラウン
    • 12:39〜 まとめ
  • 東京都港区でご開業の 白 京大先生から「口腔内スキャナと院内CADを用いたデジタルワークフロー」という題目でのプレゼンテーションです。
    ここ最近歯科業界ではデジタル化が進んでおり、効率的な診療が可能となりつつあります。ただ導入にはコストがかかり、従来のアナログ型と比べると寸法精度や利便性は如何なのか、気になってる先生もいらっしゃるかと思います。
    そんな疑問を解決するのがこの白先生のプレゼンテーションです。
    光学印象は何を認識しているのかに触れたあと、実際に形成模型を用いてアナログと精度を比較・検証しています。ぜひご覧ください。

    キーワード:CAD/CAM 審美補綴 寸法精度 シリコン印象 光学印象


    本動画はDoctorbookプレミアムサービス対象です。
    初回31日間無料!今すぐお試しください。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。