Minimally Invasive Dentistry The Direct Bonded Restoration
プレミアム
#1無料公開中
2020年7月16日(木) 公開
星の数
4.4
近年の歯科界において2002年国際歯科連盟(FDI)によって提唱された「齲蝕除去における必要最小限の侵襲」を意味する「MI(Minimal Intervention)」の概念は、歯科材料の発展と共に広く浸透してきました。

しかし実際の臨床において従来の広範囲にわたる窩洞形成による「削って、型を取って、詰める」歯冠修復のあり方に比べ、「MI」の概念を重視したダイレクトボンディングは手技も煩雑であり、歯科医師の技術面に予後が大きく左右されてしまいます。

今回、山形県ご開業の八木洋二郎先生より「MI」の概念に基づく非修復的治療、ダイレクトボンディングについてお話頂きました。
歯の治療サイクルの始まりを可及的に遅らせる「非修復的治療」についての解説、日本顕微鏡歯科学会認定医でもある八木先生のマイクロを用いたダイレクトボンディングの症例動画や、探針とフロアブルレジンのみを用いた形態付与方法(ドロップコーンテクニック)についても解説頂いております。
明日からの臨床の一助となるお話が盛り込まれた動画です。是非ご覧ください。

エピソード

  • 無料公開中
    「MI」の概念を重視した「非修復的治療」において、探針とフロアブルレジンのみを用いたダイレクトボンディング(ドロップコーンテクニック)についてもご解説頂いており、明日からの臨床の一助となる動画です。
    再生する

    再生時間 07:21

  • プレミアム
    「MI」の概念を重視した「非修復的治療」において、探針とフロアブルレジンのみを用いたダイレクトボンディング(ドロップコーンテクニック)についてもご解説頂いており、明日からの臨床の一助となる動画です。
    再生する

    再生時間 14:55

レビュー

  • 40代
    開業医

    切削かの判断が難しい

    星の数
    3.0

    トンネリング法はカリエス取り残しの可能性があるため
    現在は主流ではないのでは
    隣接面う蝕も判断が難しく、進行してしまうことが多々あります。

    2021/08/01
  • 20代
    勤務医

    勉強になりました

    星の数
    5.0

    最近悩んでいたので大変参考になりました。

    2021/07/20
  • 30代
    勤務医

    フロアブルでも形態付与ができる

    星の数
    4.0

    フロアブルのみで行う形態付与、ドロップコーンテクニックについてマイクロ下での手技の動画も分かりやすくてとても参考になりました。
    非修復的治療、予防歯科などの概念についても今後MIを考える上で勉強していかないといけない分野だと感じました。

    2020/08/15

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。