スペシャル
2021年9月7日(火) 公開

#2 上下無歯顎症例

価格
2,750円(税込) (プレミアム会員 2,200円(税込))
付与ポイント
1% (通常:25pt プレミアム:20pt)
  • クレジットカード
  • Amazon Pay
    • 0:10~ Lundgren Dらの仮想線のシェーマ
    • 2:25~ Case1.上下無歯顎 ~問診~
    • 4:42~ 術前診査~顎間関係の問題~
    • 6:30~ 下顎無歯顎者への治療法の選択
    • 8:01~ CT撮影、インプラント埋入
    • 9:37~ 概形印象採得、模型作成
    • 10:12~ 精密印象採得
    • 11:45~ ゴシックアーチ描記法、マウント、人工歯排列
    • 14:04~ Locator Male
    • 14:16~ 義歯の完成、装着
    • 16:03~ 調整、メインテナンス
  • *本動画は2020年3月5日にDoctorbook academyでLIVE配信されたセミナーのアーカイブです。

    日々の臨床を通して、パーシャルデンチャーは歯科医療の中でも比較的変化の少ない分野だと感じている先生も少なくないのではないでしょうか。しかし実際には、時代の変化と共に需要の変化があり、少し違うエッセンスを加えることも必要と考えます。

    また、超高齢社会は私たち日本が抱える問題であり、歯科業界でも高齢者に対する治療・対応には多くの課題があるのが現実です。パーシャルデンチャーにおいて、超高齢社会とは「単純に高齢者の増加に伴い義歯製作の機会が増えた」というわけではありません。実際には疾病構造が変化し、それに伴いパーシャルデンチャーの製作方法も変える必要があるのではないでしょうか。

    そこで今回、有床義歯学会JPDA会長の亀田行雄先生に「超高齢社会に対応した未来志向パーシャルデンチャー」と題して、高齢者へのパーシャルデンチャーについてどのように診査診断を行い、どのようにアプローチしていくのかをレクチャーしていただきました。

    部分床義歯はもちろん、総義歯に関しても講義していただいております。有床義歯の製作にあまり自信がない先生はもちろん、有床義歯に関して改めてポイント整理をしたい先生にも役立つ内容となっております。


    【#2 上下無歯顎症例】
    #1では「超高齢社会における無歯顎難症例への補綴の選択」の項目に入りました。今回はその続きから講義を行います。

    歯周病の進行に伴う急激な骨喪失に対して、歯周治療の必要性について解説。次に、無歯顎患者に対する補綴治療について、どのようにアプローチするのかを説明します。
    なぜ、下顎の無歯顎に対して2-IODがファーストチョイスなのか、実際の症例を基に詳しくお話いただきました。

    キーワード:歯周組織 インプラント周囲組織 骨支持 OHIP-14 QOL 治療用義歯 顎位 咬合調整 リベース リライニング タッピング 削合 チェアサイド Complete Denture 総義歯 全部床義歯 2-インプラントオーバーデンチャー Implant Fixed Br 固定式インプラント アルジネート印象材 石膏 ろう堤 各個トレー 個人トレー 閉口機能印象 機能運動 バイト材 テストフード McGill consensus Tissue conditioner 仮義歯 フラビーガム Locator Attachment

次のエピソード

  • スペシャル
    #3からはパーシャルデンチャーの項目へ入ります。これから10年、20年先の未来を考えて、パーシャルデンチャーによる補綴治療をどのように行っていくべきか。まずはパーシャルデンチャーの基本について、実際の症例を基に詳しく解説していきます。
    再生する

    再生時間 18:13

こちらの動画もおすすめ

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。