Doctorbook academy

みんプレ限定
2023年10月18日(水) 公開

03. エッジ側面の見かた

  • a


    【概要】


    みんなプレミアム限定!
    動画で学べる 歯科衛生士のための学習動画

    ・目視でのエッジ確認
    ・正しく研げている場合のエッジ
    ・ホワイトラインができているエッジ
    ・ホワイトラインができる原因
    ・ホワイトラインができた場合の対処法

    【おさらい】
    [シャープニング前後にテストスティックでエッジの状態を確認する他に目で見ることも大切]

    ◇エッジの見かた
    ・エッジの側面に光を当て、角度を変えて少し回転させるように見る
    ・正しい角度で研げていれば、エッジの側面が綺麗な1面になっていて、光の反射が均一になる
    ・誤った角度で研いだ時には、エッジの側面が2面になって、光を反射させた時に光らない部分が出る
    ※白い線のように見えるので、ホワイトラインと呼ばれる。

    ◇ホワイトラインの見かた
    ・カッティングエッジ側にホワイトラインができる場合
    →砥石を傾ける角度が20度より小さく研いでいるため。もう少し砥石を傾けて再度シャープニングを再度行う。
    ・背面側にホワイトラインができる場合
    →砥石を傾ける角度が20度より大きすぎるため。砥石の傾ける角度を少し小さくして再度研ぐ。
    ※どちらにホワイトラインができたかを知るためには、研ぐ前にエッジの状態をよく見ておく必要があります。

    ◇目で見てわからない場合
    ・エッジのかかとから側面をマジックで塗ってから研ぐ
    ・研いだ後にマジックが全て無くなっていたら正しい角度で研げている
    ・マジックが残っていれば、角度を誤っている。
    →マジックの消えた部分は研げているので、砥石の角度を考えて再度とぐ

    ※ホワイトラインができた時に大切なことは、“早く気づいて修正する”こと。
    何度も誤った角度で研ぐと、修正するのに時間がかかるが、すぐに気づくことができれば、数回のシャープニングで修正することができる。
    シャープニングをする前とした後にエッジの側面を目で見て確認する習慣をつけましょう。

19. シャープニング 実践編

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。