Doctorbook academy

    • 0:50 ~ 裂開させないための条件
    • 1:54 ~ 下顎と上顎での切開線のポイント
    • 4:38 ~ 縫合のポイント
    • 6:57 ~ +αのポイント
    • 7:25 ~ 暫間固定
    • 9:05 ~ 骨壁の数
    • 11:45 ~ 矯正治療の必要性
  • 国民の8割が罹患している歯周病、その中で歯周外科を必要としている患者さんは多くいます。

    通常のオープンフラップだけでなく近年では再生治療にフォーカスが向けられています。

    今回は福岡県北九州市でご開業の白石和仁先生に「再生療法を成功へ導く鍵」という題目でお話いただきました。

    満足いかない症例とうまく行った症例を比較し原因を追求することで、エビデンスを越えた自ら切り開いた成功の鍵が見えてきます。
    その30年の臨床の一部を発表していただいております。
    ぜひ御覧ください。

    キーワード:歯周組織再生療法 エムドゲイン CTG 切開線デザイン 垂直懸垂縫合 DPA

再生療法を成功へと導く鍵

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。