支台歯形成印象の基礎【動画でスキルアップ】

2019年11月7日(木)

目次
①2級MODインレー窩洞形成:スライス式窩洞 下顎第2小臼歯
②メタルクラウン形成:下顎第1大臼歯
③レジン前装冠形成 上顎犬歯
④印象採得:寒天アルジネート連合印象法 下顎第1大臼歯
⑤印象採得:咬合採得(ワックスバイト法) 下顎第1大臼歯

①2級MODインレー窩洞形成:スライス式窩洞 下顎第2小臼歯

臼歯の広範囲な隣接面カリエスにより隅角やコンタクトの再現が困難な場合はメタル修復を選択しなければならないこともあります。

メタルインレー窩洞では、スライスカットや側室、外開き形態などの便宜形態の付与が必要です。これらを大きくしすぎてしまうと露髄しかねない状況になってしまいます。大臼歯と比べると露髄しやすい小臼歯はさらに注意が必要です。

う窩を拡大し、スライスを付与し咬合面形成、側室の形成を行い印象採得を行います。窩洞形成のポイントを動画にて確認していきましょう。

 

②メタルクラウン形成:下顎第1大臼歯

形成の基本中の基本と言っても過言ではないメタルクラウン形成です。いかに無駄がなく効率の良い形成を行えるかが重要です。

支台歯形成はガイドグルーブを付与してから行います。メタルクラウンは切削量を多くしすぎると非効率かつ技工料の増大を招くため最小限の切削量で行うことが重要です。

今回ははじめにシリコンでコア採得し、切削量を確認しながら行なっています。動画にて確認していきましょう。

 

③レジン前装冠形成 上顎犬歯

レジン前装冠は、唇側面のレジン前装部と口蓋側メタル部で必要な切削量が異なり、クリアランスやガイドの本数・位置も異なります。

はじめにクリアランスを確認しガイドグルーブを付与し形成を行います。実際のバーの当て方等を動画にて確認していきましょう。

④印象採得:寒天アルジネート連合印象法 下顎第1大臼歯

印象はいかに気泡がなく細部まで再現されているかが重要です。せっかく思い通りの形成を行なっていてもマージン部等に気泡が入っていたら再印象になってしまいます。気泡が入らないようなアルジネート印象材の練和方法や適切な印象採得方法を動画にて確認していきましょう。

⑤印象採得:咬合採得(ワックスバイト法) 下顎第1大臼歯

重要ポイントは適切な中心咬合位で咬合採得ができるか否かです。保険診療で頻繁に行うワックスバイト法による咬合採得を動画にて確認しましょう。

動画をみる

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。