Doctorbook academy

スペシャル
2022年6月9日(木) 公開

理想的な咬合面形態とジルコニアの特徴 #2

価格
2,200円〜(税込) (プレミアム会員 1,760円〜(税込))
付与ポイント
1% (通常:20pt〜 プレミアム:16pt〜)
  • クレジットカード
  • Amazon Pay
    • 00:10 ~ Three plane concept
    • 01:26 ~ 早期接触とジグリングフォース
    • 03:53 ~ 理想的な咬合面形態とは
    • 04:35 ~ イミディエイトサイドシフトの影響
    • 05:52 ~ 咬合接触点について
    • 07:16 ~ ダブルスキャン
    • 08:25 ~ デジタルにおけるラボワーク
    • 09:35 ~ ジルコニアの特徴について
  •  プロビジョナルの形態を煮詰めて、その形態をCAD/CAM技術を用いて最終補綴物であるジルコニアに反映できる。
    という点が、デジタルのメリットであることを、前回の動画で教えていただきました。
     
    今回はその理想的な形態とはどのようなものなのか、なぜ最終補綴物にジルコニアを用いるのかということを学ぶことができます。
    動画の前半ではジルコニアを用いて補綴を行っていく際にどのようなクラウンの形態を目指すべきなのかについてお話しいただきました。
    そして、咬合接触の与え方や顎関節の動きを反映させた咬合面形態についても解説いただきます。
     
    動画の後半ではジルコニアの材料学的特性(結晶構造の変化について、曲げ強さ、耐摩耗性)について説明いただきます。
    これらのジルコニアのメリットを最大限に生かすためには、補綴物のデザインをどのように考えるべきか学ぶことができます。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。