Doctorbook academy

スペシャル
2022年6月9日(木) 公開

デジタルとアナログを用いたインプラント補綴症例と3Dプリンターの活用法 #4

価格
2,200円〜(税込) (プレミアム会員 1,760円〜(税込))
付与ポイント
1% (通常:20pt〜 プレミアム:16pt〜)
  • クレジットカード
  • Amazon Pay
    • 00:10 ~ インプラント上部構造作製におけるデジタルの活用
    • 03:00 ~ シングル セントラル インプラントにおけるデジタルとアナログの比較
    • 08:00 ~ 3Dプリンターの活用
    • 10:50 ~ 光造形方式とは
    • 13:17 ~ デジタルを用いたモックアップの作製
  •  動画の前半では中切歯の単独歯欠損に対して、デジタル・アナログ両方を用いてインプラント補綴を行ったケースを解説いただきました。
    単独歯の補綴は反対側同名歯の色調、形態を模倣しなければならず、難易度が高くなります。
    デジタルでは不可能なのではないかと思われる先生もいらっしゃるかもしれません。
    ですが症例を見ていただくと、デジタルの精度がいかに向上してきているのかご理解いただけると思います。
     
    後半ではデジタルを用いた歯科治療に欠かせない、3Dプリンターの活用法について教えていただきました。
    3Dプリンターの用途はサージカルガイド、モックアップ、移植歯のレプリカなど多岐にわたります。
    症例を通して、実際に遠山先生がどのように活用されているのか学ぶことができます。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。