Doctorbook academy

スペシャル
2022年12月15日(木) 公開

数値から見る介護保険導入の背景|歯科医院での口腔健康管理サポート #2

価格
13,200円〜(税込) (プレミアム会員 10,560円〜(税込))
付与ポイント
1% (通常:120pt〜 プレミアム:96pt〜)
  • クレジットカード
  • Amazon Pay
    • 00:00 〜 口腔健康管理の本質である「食」について
    • 00:59 〜 患者さんの状況にあった食べる力のサポートについて
    • 02:28 〜 実例紹介 
    • 03:35 〜 数値で見る介護保険導入の背景について
  • *2022年2月27日にLIVE配信されたクリニカルカンファレンスの講演内容です。


    前回のプレゼンテーションにあったように、口腔健康管理の本質には食事が重要です。
     
    今年の漢字に『食』が選ばれたことを覚えていますでしょうか?
    それは1996年のこと。0157や食の偽装問題などどちらかというとネガティブな意味合いでしたが、食に関心があった年です。
     
    食べる力をサポートするには口腔問題だけではありません。
    患者さんの生理的老化・疾病・認知機能の低下・終末期などの状況においてサポートする内容が異なります。
    例えば余命何年という方に、「お口の健康体操をしましょう」「積極的にリハビリしていきましょう」と言っても本末転倒です。
    しかし、口腔外科のことしか考えていないと、そんな提案を行ってしまう場合もあります。
    患者さんの背景を理解した上で、目的を持ったサポートをするのが大前提なのです。
    プレゼンテーション内では講師の歯科医師である長谷先生のサポート事例をご紹介しているので、参考にしていただけます。
     
    また生理的老化・疾病までは要支援ですが、認知機能の低下・終末期になると要介護の領域です。
    要支援・要介護を理解した上で、介護保険などを導入しながら歯科でサポートする必要が出てきます。
     
    ここからは数値で見ていきます。
    高齢化率は高齢化社会7%、高齢社会14%、超高齢社会21%と変遷しています。
    『71,238』とは何の数値でしょうか?答えはプレゼンテーション内にあります。
     
    さらに未来予測の人口ピラミッドは、壺型、釣鐘型…
    社会構造は胴上げ型11.2人、騎馬戦型2.06人、肩車型1.3人…
    2015年現在で要介護認定率4%(65〜74歳まで)、33%(75歳以上)…
    2035年には団塊世代が85歳となり、後期高齢者人口3500万人、要介護認定7倍(現在と比べて)…
    すでに高齢者多死に入っているものの、若者の負担は変わらない…
    平均寿命は男性81.6歳、女性87.7歳にも関わらず健康寿命は男性72.6歳、女性75.5歳…
     
    これらの数値から分かる時代背景、未来予測について解説しています。
    歯科医院を経営するためには、患者さんのサポート目的と時代背景にあったサービス展開の必要があります。
    テーマである介護保険をどのように導入し、患者さんのサポートができるサービス展開をどのように行っていくのかが重要です。
    今回のプレゼンテーションにはそのヒントが隠されているでしょう。

これぞ必見!知っておきたい介護保険の仕組みと算定(前編) ~口腔管理・食支援のパフォーマンスを向上する~

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。