TeC(テック)作成の基礎【動画でスキルアップ】

2020年3月19日(木)

若手の先生を対象とした、TeCの製作の基礎を習得する動画です。既製冠を使用する方法や流し込み法を確認し、診療で必要なテンポラリークラウン製作の知識・技術を身に着けることができます。

目次
テンポラリークラウン製作の基本(前歯部 既製冠応用法)
テンポラリークラウン製作の基本(流し込み法 下顎第1小臼歯)

テンポラリークラウン製作の基本(前歯部 既製冠応用法)

crown2.jpg

前歯部テンポラリークラウンは審美性の改善はもちろんのこと、最終補綴のための歯間乳頭のコントロールにも大きな役割を持ちます。そのためには適切なマージン形態の付与と隣在歯との調和が欠かせません。今回は既製冠を用いた前歯部テンポラリクラウン製作を動画にて確認していきましょう。

テンポラリークラウン製作の基本(流し込み法 下顎第1小臼歯)

crown3.jpg

臼歯部のテンポラリークラウンは審美性、歯肉コントロール、咬合の保持などの目的があります。流し込み法では硬化と撤去のタイミングを誤るとアンダーカットに入り込んでしまい取り出せなくなってしまいます。今回は印象を用いての流し込み法によるテンポラリークラウン製作方法を動画で確認しましょう。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。