Doctorbook academy

PR スペシャル
2023年2月24日(金) 公開

根分岐部病変と補綴物 #4

価格
8,800円〜(税込) (プレミアム会員 7,040円〜(税込))
付与ポイント
1% (通常:80pt〜 プレミアム:64pt〜)
  • クレジットカード
  • Amazon Pay
    • 00:09 ~ 根分岐部病変と補綴物
    • 01:32 ~ 上顎大臼歯分割抜根
    • 02:24 ~ X線クイズ
    • 04:12 ~ 下顎大臼歯分割抜根のパターン
    • 04:58 ~ 水平型・斜面型・すり鉢型
    • 05:40 ~ 谷型
    • 06:31 ~ 谷型症例 66歳女性
    • 07:13 ~ 根分岐部病変の治療についてのEBM・文献的考察
    • 08:02 ~ 症例 56歳男性
  • *2022年11月20日の日本大学歯学部同窓会生涯研修2022講演会の講演内容です。


    根分岐部病変と補綴物についてお話くださいます。
    歯周治療の最難関である、根分岐部病変に対する補綴処置についてです。

    まず最初に、根分岐部病変の分類について図を見ながら解説してくださいます。
    見慣れている部分ではありますが、良い復習の機会になるでしょう。
    有髄歯の根分岐部病変はできる限り有髄歯で対応しているそうです。

    続いて、有髄歯の根分岐部病変への治療対応方法の仕方について解説くださいました。
    根分岐部病変は、分割あるいは抜根処置をしないわけではありません。
    下顎の場合のパターン数は多くありませんが、上顎分割抜根パターンは複雑です。
    磨きやすい形態をとるため、鷹岡先生が上顎大臼歯では分割抜根をどうしているのかは必見です。

    一方、下顎の分割抜根処置に関しては、明確な基準を設けているそうです。
    下顎大臼歯分割抜根は水平型・斜面型・すり鉢型・谷型の4パターンに分かれますが、それぞれ難易度とどのケースでどのような治療を行うのか供覧いただきました。
    谷型で難しいポイントは分割するかどうかも含めて、先生が多くの谷型で分割をしない理由について解説してくださいます。

歯周病罹患歯の補綴処置をめぐって

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。