【人気動画】破折天然歯の保存!?接合上皮内マージンの症例を解説

2020年2月3日(月)

1.他院で抜歯を勧められた症例

0122iwata3.jpg

他院で抜歯後のインプラント補綴を勧められた症例です。レントゲン上でも近心のコアと同程度の深さまで及んだ垂直性の骨欠損が認められ歯根破折の可能性が高いと考えられます。

0122iwata4.jpg

実際にコアを除去すると近遠心に破折線が認められました。この状態で遠心部に深いポケットがない事から根がセパレートしている状態でないと判断しました。予知性は低いものの保存の可能性を説明し、最終補綴は連結になることを理解していただき治療を開始しました。


2.治療結果

0122iwata5.jpg

こちらは術後3年6ヶ月時点での経過です。コアの接着の方法や最終補綴の設計、マージン位置を工夫した結果現在も症状なく使用出来ています


3.歯周組織の考察

0122iwata6.jpg

辺縁歯肉は様々な形でバクテリアなどの異物が体内へ侵入することを防いでいます。

体内と体外を分けている歯肉溝では多くの感染防御機構が働いています。

0122iwata7.jpg

最終補綴を工夫することによって細菌侵入が起こりにくくなっていることが炎症が消失した理由として挙げられます。

歯根破折しているとしても細菌侵入を無くす、もしくは可及的に減少させることで生体の防御機構により保存の可能性があると考えられます。

動画では大臼歯における破折において同様の方法で保存した症例も紹介していただきました。歯根破折において保存の可能性に関して学びたい先生方はぜひ動画を参考にしてみて下さい。

動画を見る

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。