2019年03月22日(金)

【LIVE配信参加レポートPart2】梅田貴志先生クリニカル・カンファレンス

【LIVE配信参加レポートPart2】梅田貴志先生クリニカル・カンファレンス

梅田貴志先生によるクリニカル・カンファレンス「機械的清掃と洗浄の重要性、根管充填」が開催レポートのPart2になります。


Part1はこちら


根管洗浄


 根管洗浄には何を使用すべきなのでしょうか。


/img/columns/梅田貴志先9.png


梅田先生は根管洗浄に用いる薬剤は基本的にNaOClEDTAの2つで良いと述べられました。


CHXも抗菌作用の高い洗浄液ですが、使用する際は注意点がひとつあります。


それはCHXとNaOClが混ざらないようにするということです。


CHXとNaOClが混ざるとパラクロロアニリンという発がん性物質が発生してしまいます。


粘性が強く、一度発生すると根管内にへばりついて除去するのも困難となってしまうため絶対に禁忌であるとのことでした。 


 /img/columns/梅田貴志先9.png


NaOClは抗菌作用と組織溶解性を発揮しつつ細胞毒性に配慮するために2.5%ほどの濃度をお勧めされていました。


また「NaOClは有機質と反応して失活し抗菌性が減少する」というBystromらの論文も引用され、根管洗浄時は新鮮なNaOClを大量に灌流させることも重要であると述べられました。 


 /img/columns/梅田貴志先11.png


一方、EDTAは非常に安定した溶液であることと、過度の浸食を避けるために1mlくらいの少量で1分間ほどの洗浄に留めるよう述べられました。


 


根管充填


 /img/columns/梅田貴志先11.png


根管充填の目的は上のように封鎖埋葬があります。


/img/columns/梅田貴志先13.png 


感染根管ではこのように複雑な根管形態を鑑みても、機械的拡大や化学的洗浄によって根管内を無菌化することはもはや不可能と言えます。


そこで、除去できなかった感染源を根管充填により埋葬してしまうことが目的のひとつに挙げられます。


/img/columns/梅田貴志先14.png 


封鎖については、実際には根管充填によって漏洩を遮断することはできないという事実を数多くの研究の引用から示されました。


/img/columns/梅田貴志先15.png 


また修復物の質と根管治療の質が根管治療の予後に与える影響を研究したRay,Tropeの論文を引用され、歯冠側からの漏洩によって根管治療の成功率が下がることも示されました。


 


根管充填法


根管充填のさまざまな方法の紹介の後、Continuous Wave Condensation Technique(CWCT)Hydraulic Condensation を取り上げ、それらの方法を中心に解説がありました。


/img/columns/梅田貴志先16.png


CWCTは上に示したような特徴を持つ根管充填法です。


/img/columns/梅田貴志先17.png


このように切片を見てみるとCWCTではシーラー層が非常に薄いことがわかりますね。


 


梅田先生のCWCTの臨床動画はこちら↓からご覧ください。


梅田貴志先生による根管充填


 /img/columns/梅田貴志先17.png


目新しい根管充填の方法としてHydraulic Condensationを取り上げられました。


 


これはカルシウムシリケート系(バイオセラミックス)シーラーを用いたシングルコーンによる根管充填法です。


 


さきほど示した根管充填の切片の画像を見てみても、シングルコーンによる根管充填はシーラー層が分厚くなってしまいます。


通常のシーラーは収縮と溶解が起きてしまうため、シーラー層はなるべく薄くすることが求められていました。


しかし、Hydraulic Condensationで用いるカルシウムシリケート系のシーラーは膨張性と難溶解性という特徴を示すためシーラー主体の根管充填が可能になったのです。


この方法により、より保存的な根管形成で十分な根管充填ができるようになりました。


 


おわりに


ご講演の最後に須田英明先生の論文を引用され、新しい材料や目新しいテクニックなどを追うよりも無菌的処置原則を徹底させることが根管治療を成功に導くためには最も大事であるということを念押しで話されていました。


 


機械的拡大と化学的洗浄、そして根管充填の詳しい解説に加え、梅田先生ご自身の症例の動画も交えながらのご講演で、非常にわかりやすく知識の整理ができました。


 


梅田貴志先生、本当にありがとうございました。


 


山口口腔研クリニック副院長 松浦 徹


 


次回のクリニカル・カンファレンスはこちらから
↓↓


https://academy.doctorbook.jp/groups/DB


 

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください