コロナルリーケージとは【歯科用語コラム】

2018年6月15日(金)

コロナルリーケージとは

歯冠側からの漏洩のこと。歯冠側から何かしらの原因で細菌が侵入し、根管治療を終了した歯が再感染を起こすこと。
不確実な仮封や仮封の脱離、根管充填の不備、支台築造の不備や不適合な修復物、補綴物等が原因として挙げられる。 


コロナルリーケージについて動画で学ぶ

渡邉征男先生:歯冠側からの漏洩~特に根管充填後の対応について

根管充填が終わり一段落。これで後は支台築造から修復処置に移行する。そんな時に注意しなければならないことがあります。根管治療時には無菌的操作を意識しているとは思いますが、その後の築造も同じく無菌的な操作を意識しなければなりません。

歯内療法関連の研究と実際の先生の臨床の動画を組み合わせてわかりやすくご説明頂いております。
動画をみる

北原信也先生:構造を考えた支台築造

先生方はコアを築造していく時なにを意識して治療していますか?「なるべく太く長く取れないように」こういった大学で習った形成を実践していっている先生も多いかと思います。

「歯牙破折をさせないポストコア」「再根管治療をさせないポストコア」「脱離させないポストコア」
これらを実践したい先生方はぜひこちらの動画を御覧ください。
動画をみる

宮下裕志先生:天然歯を守るための知識と技術

天然歯を超える機能を持った人工物はありません。どれだけ天然歯を残せるか?予防を突き詰めていっても出てきてしまう問題があります。
「歯牙破折」…予防をやればやるほどこの問題の割合が多くなっていきます。

歯科医院の予防プログラムのご説明から、根管治療に対しての配慮の方法についてわかりやすくご説明頂いております。
動画をみる  

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。