マージンとは【歯科用語コラム】

2019年7月18日(木)

マージンとは

歯質と修復物・補綴物の境界のこと。

修復物・補綴物の材質によってマージンの形態や形成量は異なってくる。

 

マージンについて動画で学ぶ

岩田卓也先生:歯肉縁下マージン ー接合上皮内マージンー で保存した歯根破折歯ケースから、歯肉組織の組織解剖および役割を理解し、天然歯保存の可能性を探る

日々の臨床で歯根破折歯に遭遇し、抜歯という診断を下す機会は少なくありません。しかし破折している場合でも無症状で経過している場合もあります。

破折している場合でもなぜ無症状なのか、という疑問を歯肉組織の解剖という観点から解説していただき、実際に破折歯を保存した症例から考察していただいております。

動画を見る

 

大村祐進先生:審美補綴における歯周組織のマネージメント

綺麗に入れた補綴物が少し経つとマージンが見えてきてしまう、そういった経験あると思います。患者術者ともにがっかりとした結果にはなりたくないですよね。

補綴治療のキーワードである生物学的幅径を再考し、クラウンレングスニングとマージン設定の位置を歯肉に配慮しております。セット後にクリーピングをおこし歯肉が長期的に安定している症例を見ることができます。

動画を見る

小川洋一先生:支台歯形成と印象採得が上手くなるためのポイント

歯科治療に欠かせない支台歯形成。安定したパフォーマンスができないと、お悩みのドクターも多いのではないでしょうか?

エアスケーラやフィニッシングバー、シリコン印象材や歯肉圧排糸など。最適な道具をつかいこなすことで、患者も歯科医師も満足の治療が可能になります。

動画を見る

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。