言語選択 - Language

【BookReview】石井宏先生:『世界基準の臨床歯内療法』Part2

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

動画再生に失敗する方は こちら よりお問い合わせください。

概要

石井宏先生によるブックレビュー。
『世界基準の臨床歯内療法』(医歯薬出版)の「Chapter3 外科的歯内療法」の中から、
歯根端切除術について書かれた部分について、解説を頂きました。

本企画は連載となっており、この動画はPart2となっております。

医歯薬出版公式サイト

<概要>
2015年に出版された「世界基準の臨床歯内療法」、Chapter3『外科的歯内療法』についての解説Part2。
歯根端切除において、もっとも重要な要因のひとつ、術者、アシスタント、患者のポジショニングについて、部位別に解説している。
たとえば、特徴的なのは下顎右側臼歯部。石井先生の場合、術者は3時の位置、アシスタントは12時、そして患者には、90度体を反転した状態になってもらうという。
また、局所麻酔の除痛と止血効果については、特にエピネフリン綿球テクニックについて詳細な説明をしていただいた。

動画再生回数

1,308回

講師

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。