Doctorbook academy

PR スペシャル
2023年2月17日(金) 公開

質疑応答 #6

価格
8,800円〜(税込) (プレミアム会員 7,040円〜(税込))
付与ポイント
1% (通常:80pt〜 プレミアム:64pt〜)
  • クレジットカード
  • Amazon Pay
    • 00:09 〜 Q1.クレンチングがありディープバイトが強い患者さんへの対応について
    • 00:42 〜 Q2.スプリントの調整を行うタイミングや実際の調整方法について
    • 01:38 〜 Q3.ナイトガードの圧痕がつかない患者でも強いブラキシズムがあるケースはありますか
    • 02:10 〜 Q4.偏咀嚼の対処法や提正について
  • *2022年11月20日の日本大学歯学部同窓会生涯研修2022講演会の講演内容です。


    最後に、質疑応答です。
     
    Q1.クレンチングがありディープバイトが強い患者さんへの対応について教えてください。
    A.ディープバイトの対応策は難しのが現状で、子どものうちにディープバイトを作らないことが有効と考えています。
     
    Q2.スプリントの調整を行うタイミングや実際の調整方法について教えてください。
    A.前歯は強く当てず、犬歯から臼歯がしっかり当たるようにフルバランスを基本にしています。
    消耗する方はそのまま経過をみて、クレンチングの場合に強く当たる場所があれば調整していまます。
     
    Q3.ナイトガードの圧痕があまりつかないが、実際はかなり強いブラキシズムがあるケースはありますか。
    A.睡眠時ブラキシズムが無いか、ナイトガードによってブラキシズムが消失しているかのどちらかが考えられます。
    そのどちらかを見極めるために次のアプローチが必要です。
     
    Q4.偏咀嚼の対処法や提正について教えてください。
    A.歯列の左右差を治せるかどうかで対応が変わってきます。
    患者さんの意思も含め治せない場合は難しいですが、歯列の左右差がない患者さんには努力してもらうことで改善がみられます。
     
    動画内の症例は長期に渡り観察をしてるものが多く、症例数も豊富です。
    臨床で咬合に問題を抱えていて解決が難しいと感じている先生方に参考にしていただける内容となっています。
    ぜひ、ご覧ください。

「知っておきたい「力」の兆候~歯を失わないために~」

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。