プレミアム
2016年6月3日(金) 公開

#2 BoneSoundingの重要性

    • 0:09~ BoneSoundingの重要性
    • 0:20~ CTと術中実測の唇側骨の厚みの違い
    • 1:06~ 唇側骨の厚みの平均と1mm以下の割合
    • 2:20~ 正しいBoneSoundingの方法と模式図
    • 3:02~ 辺縁部と歯間乳頭部のBiologic Width
    • 3:20~ BoneSoundingの目的
    • 3:50~ 骨形態の分類と即時埋入禁忌症
    • 5:22~ BoneSoundingの実際
    • 6:35~ まとめ
  • 近年、前歯部審美領域のインプラント補綴の需要は高まっています。
    それに伴い歯肉退縮による審美トラブルが増えているのも事実です。

    歯肉退縮のリスクが高い前歯部のImmediate Provisionalizationを成功させるためにはしっかりとした診査診断が不可欠です。

    今回は東京都港区でご開業の脇智典先生に3回にわたりCBCTでの診断・BoneSoundingの診断、そしてそれらを元にした臨床症例をお話いただきました。

    それぞれ適応症と禁忌症についてしっかりとした分類を元にご説明いただき、審美的な抜歯即時埋入インプラントの症例をお話いただきました。

    キーワード:インプラント 抜歯即時埋入 審美補綴 ボーンサウンディング GBR CTG CBCT



    本動画はプレミアム対象です。
    ビギナーでもご視聴いただけます。

    「みんなプレミアム」なら月額5,000円で
    医院スタッフ全員がプレミアム動画も見放題!
    みんなプレミアムはこちら

    ※個人プレミアムサービスはこちら
    Doctorbookプレミアムサービス

次のエピソード

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。