SPECIAL

#2 様々な補綴前処置

シリーズ
目次
  • 00:19〜 支台歯の状態によるアドバンテージ、ディスアドバンテージ
  • 02:04〜 補綴物除去後の状態と再形成後の状態
  • 03:21〜 軟組織のマネージメント
  • 03:49〜 プロビジョナルレストレーションの重要性、クロスマウント
  • 06:13〜 ワックスアップからジルコニアフレームワーク
  • 08:10〜 ポーセレンビルドアップ
  • 10:00〜 フィニッシュラインをナイフエッジにした症例
  • 11:05〜 補綴前処置としてのインターナルブリーチ
  • 13:05〜 ガムピーリング
  • 15:01〜 支台歯形成の開始
概要

プロビジョナルレストレーションに求められる要件は審美性だけではありません。
いかに口腔内の状態を再現するか、そして最終補綴を意識したものになるかが重要で、更にプロビジョナルレストレーションの記録を最終補綴にどのように反映させるかが重要になります。
また、補綴前処置としてインターナルブリーチやガムピーリングについてもお話いただいております。

【シリーズ各話一覧】
#1 Tooth Preparationの条件
#2 様々な補綴前処置
#3 トラブルへの対応
#4 プロビジョナルの役割
#5 矯正への応用
#6 ティッシュマネージメント
#7 印象採得のポイント
#8 エマージェンスプロファイルの設定

【購入者の声】
1つ1つのステップを、マイクロスコープ下の動画を見ながら学ぶことができるので、すぐに実践できるし理解しやすいです。
この動画で私の臨床は確実に変わりました。今後の歯科医師人生に影響すること間違いなしなので、是非ご覧になってみてください。

特集コラムはこちら

キーワード:プロビジョナルレストレーション 支台築造 支台歯形成 歯肉圧排 生物学的幅径 biologic width インターナルブリーチ ガムピーリング クロスマウントプロシージャー カスタムインサイザルテーブル エマージェンスプロファイル

  • 再生時間15:39
  • 公開日2019/08/02

こちらの動画もおすすめ

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。