言語選択 - Language

⑩クラウン修復の心臓であるプロビジョナルレストレーション 〜その役割と補綴前処置の必要性 印象採得法まで〜 #7 印象採得のポイント

スペシャル

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

概要

【#1〜#9単品】各3,500円(プレミアム会員:各2,800円)
【#1〜#9セット】29,000円(プレミアム会員:24,650円)

Uchiyama_Generalist_series

青山一丁目でご開業の内山徹哉先生のスペシャル動画『次世代の歯科医師に贈る、ジェネラリスト育成講座』。
第10回は「クラウン修復の心臓であるプロビジョナルレストレーション 〜その役割と補綴前処置の必要性 印象採得法まで〜」と題してお話頂きました。


併せてコラムも是非お読み下さい。
◇次世代の歯科医師に贈る、ジェネラリスト育成講座【内山徹哉先生】

【PART7 印象採得のポイント、もともとクラウンが入っていない症例】
PART6の続きの症例で、最終形成後の歯肉圧排、印象採得から最終補綴までの一連の流れです。
歯肉圧排の方法から、補綴物の作成で重要になる印象採得の細かいコツについて説明していただいております。
また補綴治療はもともとクラウンが入っていないケースもあります。
そのような場合に留意すべきこと、そしてInitial PrepとFinal Prepを分けて行う理由についてお話いただいております。

【PART7 目次】
00:19〜 最終形成後の支台歯
01:05〜 歯肉圧排
03:27〜 印象採得
06:27〜 最終補綴後
07:59〜 術前と術後の比較
08:09〜 もともとクラウンが入っていない症例
09:10〜 形成後の支台歯の分析
09:53〜 initial prepとfinal prepの違い
10:29〜 形成からプロビジョナルレストレーションの調整までの治療動画


キーワード:プロビジョナルレストレーション 支台築造 支台歯形成 歯肉圧排 生物学的幅径 biologic width インターナルブリーチ ガムピーリング クロスマウントプロシージャー カスタムインサイザルテーブル エマージェンスプロファイル

講師

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。