2019年05月16日(木)

次世代の歯科医師に贈る、ジェネラリスト育成講座【内山徹哉先生】

東京都港区でご開業の内山徹哉先生による大人気シリーズである「次世代の歯科医師に贈る、ジェネラリスト育成講座」全17回予定を続々と動画配信します。
①チェアサイドとラボサイドを結ぶ、一眼レフを用いた撮影画像の効率的伝達方法と口腔内写真の効率的管理法
②限られた時間で多くの情報を効率的患者に伝える、一口腔内単位のコンサルテーション法
③Generalistにこそマイクロスコープを
④Generalistのための安全で痛みの少ない浸潤、伝達麻酔法
⑤基本的接着ステップと予知性の高いコンポジットレジン修復法
⑥基本的接着ステップで行うセラミックインレー修復とテーブルトップベニア
⑦歯をほとんど削らないアドバンスドボンデッドレストレーション
⑧歯冠修復治療前処置としてのクラウンレングスニング、トゥースエクストリージョン
⑨Generalistがおこなう失活歯の基本的治療法
(補綴を考慮した隔壁から根管治療、post&coreへの流れ)
⑩生物学的副径とMIを考慮した支台歯形成
⑪クラウン修復の心臓であるプロビジョナルレストレーションの役割
⑫クラウン修復における、補綴前処置の必要性と正確な印象採得法
⑬ジルコニアフレームワークの分類と臨床的使用法
⑭少数歯欠損インプラントの安全なプランニングの基礎
⑮周囲組織に調和する少数歯欠損インプラントの補綴設計の基礎
⑯Maxillo Facial analysisの重要性、具体的活用法とその臨床症例
⑰Maxillo Facial analysisを用いた、ジェネラリストと専門医のインターディシプリナリーアプローチ

次世代の歯科医師に贈る、ジェネラリスト育成講座【内山徹哉先生】

「次世代の歯科医師に贈る、ジェネラリスト育成講座」の内容をご紹介していきます。


①チェアサイドとラボサイドを結ぶ、一眼レフを用いた撮影画像の効率的伝達方法と口腔内写真の効率的管理法


 /img/columns/VisionaryTreatment3.png 


歯科医師、歯科衛生士、スタッフには様々な業務がある。


我々は、必要のない作業に裂く時間を極力無くし、必要な仕事を効率的に行うべきである。


ご存知の通り、写真撮影は歯科医師、歯科衛生士にとって、クオリティーの高い仕事をする上で、また記録を保管していく上でも必要不可欠である。


しかしながら、日々の仕事に追われて、なかなか記録を残せない事が多いのではないだろうか。


また一度撮った写真を最小限の、労力で伝達し、効率的に保管できれば、歯科医院にとって大きな利益となる。


 


今回。シャッターを押すだけで、2分後に自動で日別管理されたファイルが全ての院内PCと技工所で開けるシステムと、その管理方法をお話しさせていただく。


①全3パート詳細はこちら


 


②限られた時間で多くの情報を効率的患者に伝える、一口腔内単位のカウンセリング&コンサルテーション法


 /img/columns/konnsaru (8).png 


コンサルテーション=金額を伝える場ではない。


不安をかかえて来院される患者に対し、安心して治療に入ってもらう事は、患者、歯科医院双方の大きな利益に繋がる。


限られた時間の中で、患者との距離を縮めながら、主訴のみならず一口腔内単位の問題を抽出し、それを解決するためには何が必要なのかをメインテナンスを含めて話していく事が、健康な口腔内の保全に繋がると信じている。


②全7パート詳細はこちら


 


③Generalistにこそマイクロスコープを


 /img/columns/スクリーンショット 2018-12-26 10.04.15.png 


マイクロスコープを使用することで得られる利益は大きく3つある。


1 視界


根管治療のみならず、我々は日々繊細な作業を、求められている。当然拡大下での作業がその治療効率をあげることは言うまでもない。しかしながら、必要倍率は治療によっても、そのタイミングによっても違い、その拡大率によっても必要光量は変わってくる。


この点はマイクロスコープを選ぶときの大きな基準であろう。


2 姿勢


歯科治療は田植えの姿勢に近い。私達が長時間歯科治療に集中するためにマイクロスコープは大きな役割を果たす。


3 記録


①にもあるが、診療の記録を取ることは、我々にとって様々なメリットがある。


マイクロスコープでの、画像、動画撮影は一眼レフに比べ、診療を中断する時間が格段に少ない。


このシリーズ内にも数多くの拡大写真、200以上の治療動画がくみこまれているが、それらはマイクロスコープで撮影されたものである。


 


私のマイクロスコープの導入するきっかけや医院にもたらしたメリットなどを数多くの動画を交えて紹介させていただく


③全7パート詳細はこちら


 


④Generalistのための安全で痛みの少ない浸潤、伝達麻酔法


 /img/columns/内山先生麻酔 (3).png 


「浸麻の痛い勤務医はクビだ。」 


我々にとって浸潤麻酔はなくてはならないものであるが、その手技は難しい。今回、下顎孔伝達麻酔を含め、その手法のステップを動画で解説させていただく。


④全3パート詳細はこちら


 


⑤接着治療の基本ステップと予知性の高いコンポジットレジン修復法


 /img/columns/Uchiyama⑤ (1).png 


接着治療は、昨今の歯科治療の中で最も大きな進化を遂げている治療の1つである。


ジェネラリストが1日1回は必ず必ず行う行為だが、その基本を抑えることが、予知性の高い歯科治療の第一歩となるであろう。


コンポジットレジンの特性とともに、ダイレクトボンディングのステップを動画で解説させていただく。


⑤全6パート詳細はこちら


 


⑥基本的接着ステップで行うセラミックインレー修復とテーブルトップベニア


 /img/columns/part3.png 


臼歯における部分修復は様々は方法があり、未だにそのコンセンサスは得られていない。


今回は、⑤のコンポジットレジン修復に続き、セラミックインレー、テーブルトップベニアの修復治療ステップを紹介させていただくとともに、症例ごとの鑑別へと迫る。


⑥全6パート詳細はこちら


 


⑦歯をほとんど削らないアドバンスドボンデッドレストレーション


/img/columns/7uchiyama2.png


近年接着技術の進化と材料の進化により、修復治療時の歯牙の切削を最小限にすることが可能となった。


低下してしまった咬合高径を変更させる場合やアンテリアガイダンスを新たに付与する場合も私の臨床ではなるべく歯の切削をしないように努めている。


少ない切削で歯牙に材料を自然になじませる方法からアンテリアガイダンスの付与まで症例供覧していく


⑦全2パートの詳細はこちら


 


⑧歯冠修復治療前処置としてのクラウンレングスニング、トゥースエクストリージョン


 /img/columns/内山先生1.png 


歯冠修復を行う際、Dentogingival complexを把握することがその成功を大きく左右する。


まずはDentogingival complexを解説させていただき、biological widthが侵襲されている場合、実際の臨床でどのような判断が必要か、またその治療手技を動画を用いて、審美的考察を含めて詳しく解説させていただく。


⑧全12パート詳細はこちら↓


前半(Part7まで)


後半(Part8から)


 


⑨Generalistがおこなう失活歯の基本的治療法(補綴を考慮した隔壁から根管治療、post&coreへの流れ)


準備中・・・


⑩生物学的副径とMIを考慮した支台歯形成


準備中・・・


⑪クラウン修復の心臓であるプロビジョナルレストレーションの役割


準備中・・・


⑫クラウン修復における、補綴前処置の必要性と正確な印象採得法


準備中・・・


⑬ジルコニアフレームワークの分類と臨床的使用法


準備中・・・


⑭少数歯欠損インプラントの安全なプランニングの基礎


準備中・・・


⑮周囲組織に調和する少数歯欠損インプラントの補綴設計の基礎


準備中・・・


⑯Maxillo Facial analysisの重要性、具体的活用法とその臨床症例


準備中・・・


⑰Maxillo Facial analysisを用いた、ジェネラリストと専門医のインターディシプリナリーアプローチ


準備中・・・

関連動画

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください