無料公開中
2022年11月28日(月) 公開

イントロダクション│Step4-0

    • 00:00〜 「カリエスブック」Step4-0「酸」イントロダクション
    • 00:20〜 自己紹介・本日の内容と「カリエスブック」について
    • 01:35〜 NICCS(う蝕の削らない治療)
    • 02:00〜 カリオロジー革命
    • 02:38〜 カリオロジーの新時代
    • 03:18〜 う蝕治療の変遷
    • 03:47〜 生態学的プラーク説
    • 04:02〜 Step0からStep3までの振り返り
    • 05:37〜 酸がなぜ必要?
    • 05:58〜 Step4酸 acids
    • 06:02〜 酸蝕症とう蝕との違い
    • 06:56〜 Dental Erosionの概念図
    • 07:32〜 Step4でこんなことがわかる!
    • 09:00〜 酸蝕とう蝕は関係している?
    • 11:17〜 Step4目次「カリエスブック」より
  • 伊藤先生の著書、2020年の医歯薬出版ベストセラーに選ばれた「カリエスブック 5ステップで結果が出るう蝕と酸蝕を予防するカリオロジーに基づいた患者教育」(医歯薬出版 刊)をお手元にご視聴いただくと、より理解が深まります。
    カリオロジーシリーズ特設ページはこちら


    最初にStep4ではどのようなお話があるのか、全容のお話があります。
    今までの「虫歯は感染症」という話や「フッ化物が歯質を強化する」という考え方は、新しく変わりました。
    こちらについては、それぞれStep0とPart2で詳しく解説いただいているため合わせてご確認ください。
     
    NICCSつまりう蝕の削らない方法は、次の5つのパートに分けられています。
    その5つとは、バイオフィルム・フッ化物・糖・酸・ドライマウスです。
    今回のPart4では、このうちの「酸」にスポットライトを当ててご説明いただきます。
     
    今まで「虫歯は削る」というものでしたが、現在はこの「削る」ということの意味が変わっています。
    「う蝕」についてはカリエスコントロールを行い、そのうちの「う窩」に関して削る治療を行うのです。
    そして生態学的プラーク説により、カリエスになりやすい人をなりにくくもできると言われています。
    この点についても、ぜひ以前の動画を見返していただければと思います。

    今回のStep4に至るまで、Step0からStep3と沢山の内容がありました。
    Step0はカリオロジー治療の流れ、Step1でpH・Step2はフッ化物、そしてStep3では糖について触れています。
    なぜこの順番なのかと言うと、それぞれを理解していることが前提で、やっと「酸」についてもわかるからだそうです。
     
    では、酸がなぜ必要なのでしょうか。
    それは、バイオフィルム・フッ化物・糖の3 つを改善しても生じるカリエスがあるからです。
    これには酸が関係している、と伊藤先生はおっしゃいます。
    今まで関係ないと言われてきた「酸蝕」と「う蝕」ですが、先生によると2つは関係しており、複合型の症例もあるのだそうです。
    この辺りについても、本講義では解説いただいております。
    ぜひ、ご覧ください。

Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。