言語選択 - Language

内山徹哉先生:⑧歯冠修復治療前処置としてのクラウンレングスニング、トゥースエクストリージョン #3

スペシャル

会員登録がお済みではない方は 新規アカデミー会員登録(無料) をお願いします。

概要

【#1】無料公開 【#2〜#12単品】各3,000円(プレミアム会員:各2,400円)
【#2〜#7セット】16,000円(プレミアム会員:12,800円)
【#8〜#12セット】12,500円 (プレミアム会員:10,000円)




青山一丁目でご開業の内山徹哉先生のスペシャル動画『次世代の歯科医師に贈る、ジェネラリスト育成講座』第8回のpart3です。

根管治療や形成が上手だったりうまくいくのはもちろん大切ですが、
歯肉のコントロールができていなかったりフェルールが確保できていない場合ではリーケージが生じてしまいます。
また、歯個々の問題ではなく咬合やGingival Lineをトータルに診査・診断しコントロールしていくことが予知性の高いクラウン修復には欠かせません。
今回の内山先生のセミナーでは、ルートエクストリュージョンやクラウンレングスリングを中心に
生物学的侵襲は少ないながらも、予知性の高さを可能にしたクラウン修復を学ぶことができます。

全12partのなかでたくさんの症例を出してくださっています。
症例は進むごとにだんだん難しくなっていきますが、
Part12をみるころには、全顎的な問題点や留意点がわかるようになってきます。

是非ご覧ください。

併せてコラム
【歯冠修復治療前処置としてのクラウンレングスニング、トゥースエクストリージョン】【前半】
【歯冠修復治療前処置としてのクラウンレングスニング、トゥースエクストリージョン】【後半】
も是非お読み下さい。

【Part3 Hemostasisと向き合う】
クラウンレングスリングプロシージャーは大きく分けて根尖側移動術と歯肉を切除していく方法がありますが、どのように診断し選択していけばいいでしょうか。
GingivalComplexの復習からWidman 改良法を用いた症例をもとに診断基準からご説明していただいています。

【目次】
Part3
0:22〜 Tooth extrusion & Crown lengthening Procedure
1:40〜 Dentogingival complex
6:29〜 結合組織まで侵襲している症例
9:56〜 Crown lengthening Procedure

キーワード:挺出 歯冠長延長術 オクルーザル スーパーGP ブレーキーフェイシャル 難症例 

シリーズ動画

関連動画


Doctorbook academy

本サイトは、歯科医療に従事されている皆さまを対象に情報提供するサイトです。

あなたは歯科医療従事者ですか?
※一般の方は患者向けサイトDoctorbook をご覧ください


Facebook ログインの確認

Doctorbook academy は Facebook ログインをサポートします。

Facebook アカウントより必要な情報を取得します。
許可する場合、YES を押して Facebook 連携に進んでください。 誤って Facebook ログインを選んだ場合は NO を押してください。